人間の気まぐれで捨てられた猫たち,の写真です。捨てられても、みんな、必死に生きぬいてます!
Posted by のらオヤジ - 2016.07.07,Thu


梅雨から夏に移る時期を小暑(梅雨明け後)といい、大暑の時季を暑中と呼び、暑中見舞いはこの期間内に送る習わしとなっています。
日中、熱風が襲う猛暑でも、夜になるとその風も収まり、涼しくまります。
そういえば、今日は七夕ですね。

荒波や佐渡によこたふ天の川(芭蕉)

芭蕉がこの句を詠んだのは、新潟県の出雲崎(いずもざき)です。この出雲崎の山を越えると、自分の故郷です。トンネルができて、今は、車で30分もあれば、出雲崎に着くようになりました。
この出雲崎は、日本海に面した小さな町で、何もない、静かな漁村です。自分が子供だったころと、街並みは、そう変化していないようです。

で、この写真は、いつものことながら、何の関係もありません。
出雲崎とは正反対の東京のドマン中です。1年で街が様変わりする忙しい街です。

ぽちっとお願いします。写真はクリックすると拡大します。
 ↓  
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
18
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/29 のらオヤジ]
[03/29 ゆの]
[03/27 のらオヤジ]
[03/27 のらオヤジ]
[03/26 ゆの]
最新TB
プロフィール
HN:
のらオヤジ
性別:
男性
職業:
自称猫写真家
趣味:
写真  と  昼寝
自己紹介:
東京の端っこで、ノラみたいに、何とか生きぬいています。
昼寝とあんみつが大好きです。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"